ジャグラーの朝一挙動と立ち回りまとめ やめどきはいつ?

ジャグラー 朝一

ジャグラーを朝一から打ちたい!

でも、どんな台に座ればいいのか、
その後どれぐらい打ち続ければいいのか、
迷いませんか?

僕も根拠なく角台に座ってみたり、
前日出ていない台or出ている台を選んだり、
適当に台を決めた結果、
かなり負けて後悔した経験があります(ノД`。)

しかし、ちゃんと根拠を持って台を選ぶことで、
負ける可能性を大きく減らすことが可能になります。

そこで今回は、
朝一のジャグラーの立ち回り方を
まとめてご紹介します(^^)

-----スポンサーリンク-----

データを取って狙い台を決める

まず、ジャグラーには天井やゾーンなどは無いので、
勝つためには高設定を打つ必要があります。

そして、高設定を打つためには、
ちゃんと設定が入っている店で打つこと
が大前提です。

その上で、
どのような日、場所、履歴
に設定が入るのか、
しっかりデータを取って検証し、
狙い台を絞る必要があります。

データの取り方はこちらをご覧ください(^^)

高設定を入れてくれる優良ホールをデータから見抜く方法

ガックン・出目によるリセット判別

ジャグラーは設定変更すると、
「ガックン」と呼ばれ、
朝一1回転目に少しリールが震えます。

前述した通りジャグラーには天井が無いので、
わざわざ設定を変更するということは、
高設定を入れている可能性が高くなります。

(実際に設定変更するところを見たことがありますが、
台を開けて鍵を差し込んで、けっこうめんどくさいんですよ^^;)

つまり、朝一にガックンを確認出来た台は、
高設定である可能性が高いのです!

ただし、このガックンがあれば
設定変更がバレバレなので、
店側で対策することが出来てしまいます。

基本的に多くのホールは、
設定変更したジャグラーを店員が1G回し、
ガックンしない状況で開店を迎えるんです。

。。ということは、
前日閉店時の出目をメモっておけば、
出目が変わっている台=1G回された台
=設定変更された台となるわけです(^^)

全ての出目をメモるのはめんどくさいですが、
そこまでやっている人はなかなかいないので、
かなりライバルに差をつけることが出来ます(* ̄ー ̄)9

朝一のやめどきは?

狙い台を見つけて打ち始めたとして、
その台を追うのかやめるのか、
どのように判断するべきか気になるところだと思います。

追った結果出玉を飲まれたり、
やめた後めっちゃ出てたりしたら、
かなりヘコみますもんね(ノД`;)

なので、ツールを使って設定判別をし、
定期的に数値を見て
理論的に追うかどうかの判断をするのがオススメです。

ジャグラーで簡単に設定判別が出来るおすすめ神ツールのご紹介

また、全台456のようなイベントであれば、
シマ全体のREG確率・合算を見ることで、
だいたいガセかどうかがわかります。

他の台が回ってないと判断出来ないので、
キリの良いところで食事休憩をとり、
ある程度サンプルが取れるまで待つというのもアリですね(*^^)b

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ